麻生胃腸科外科医院の新型コロナウイルス感染症診断数

2020年~2021年は20名、2022年1月~6月15日は386名陽性。
6/10~ようやく当地での流行は落ち着きました。

2022年 1月 34名 内入院3名
2022年 2月 53名 内入院1名
2022年 3月 52名 内入院0名
2022年 4月 72名 内入院1名
2022年 5月 137名 内入院2名 
2022年 6月 37名(6/15まで)名内入院12名

1-2月は80-50歳台の方が多く
3-4月は0歳未満~高校生の方が多いです。
5月連休明けは部活の学生の感染者
5月中旬からは小学生、西海市の事業所関連,
5月下旬から近隣施設にてクラスター発生。
6月上旬近隣施設の基礎疾患持ち、高齢者が次々と入院。

罹患者は若い方、ワクチン未接種の方が多かったのですが
5月下旬は西海市大規模事業所のクラスター、そのご家族、佐世保でも事業所関連クラスターの
方を当院で診断しました。今年1月ごろに3回目ワクチン接種した方も多く罹患しています。
5月に高齢の基礎疾患がある方が低酸素血症になり2名入院しています。
6月は施設でのクラスター発生のため11人入院。
微熱、鼻汁くらいの極軽微な症状から39-40℃の発熱、悪寒などインフルエンザ様の症状までさまざまです。
咳は長引くことが多いです。

重症になった方は当院からはいません。肺炎、酸素投与が必要な中等症2は複数名。
2021年、2022年2度コロナに罹患した方1名。
2022年に2度コロナ罹患した方1名。

高齢者、基礎疾患や高度肥満のある方は入院が必要になることはあります。若い方は1-2月と比べると軽症の方が多いです。
私が必要と判断した場合は治療薬ラゲブリオカプセルやパキロビッド錠を処方しています。

受診者が多い日は3時間待ちもあります。医者は私1人しかおらずPCR検査器械も2台なので待ち時間短縮はできないです。どうぞご了承ください。

前の記事

7/16㈯休診のお知らせ